山梨県 新築住宅コンペ案提出

広報担当、わさびです。

昨日の所長は、、、鉄人並みでした。

うちの事務所では、競い合い、よりいい建物を生み出すと言う意味で
また高いモチベーションを常に維持するためにも
住宅などの設計コンペにたびたび参加させていただいております。
しかし、設計コンペの提出期限が迫ると、事務所はもう大変です。

所長は、「自分が納得行かないプランは提出しない」人なので
とにかく、自分が納得行くプランが出来上がるまで、夜も寝ないで
考え込みます。

ときには、プラン提出日当日まで間取りや外観デザインなどを考えています。

でも、それでは、期限に間に合うはずもありません。
それでも、どうにか、必要図面を急ピッチで仕上げ、書類を揃えます。

色んな事務所さんの提出プランを見ると、とても鮮やかなCGパースや
模型の写真など、見るだけであっと思うようなものも
たくさんあります。
それに比べると、うちの事務所の提出物は、あまり華やかなものではないかもしれません。
パースも手描きのものです。

しかし、私は所長のパースには何かホッとする暖かいものを感じます。
自ら握る鉛筆で、描かれた完成予想図には、やはり所長の熱い思いが
込められているような気がします。

「プランが一番」
所長はその家族それぞれに一番快適な住まいのプランを考えるのに
心血を注いでいるみたいです。

と、いうことで、毎回毎回、期限ギリギリになってしまうコンペ案提出。
昨日もいつもと同様、提出期限ギリギリに持ち込んだ所長です。

コンペでの作品はこちらから閲覧できます。
是非見てください。
[PR]
by archi-alive | 2008-12-05 12:05 | コンペ