なかなか求人のお問合わせすらないのが寂しいところですが、私自身は昼夜問わず図面を描き、調査に打合せにめまぐるしい日々が続いております。
ですが!やはり現場に行くとテンションが上がりますねぇ(^^)

先日このブログでもお伝えした現場も順調に進み、東海村の現場は足場が外れ、静かにたたずむ外観が現れました。おぅCOOL!!後はクロス・内部建具・造作家具・住設設置など、ラストスパートに差し掛かってきましたね!
大洗と日立の現場は上棟後、屋根工事や金物締め付けが順調に進んでおります。
どちらも外観プロポーションがなんとなく見えてきましたね。
どちらの大工さんにもスムーズに進めていただいてます。
怪我なく引き続き宜しくお願いしまーす\(^^)/

今年に入って住宅のお話以外にもご相談いただくことがちらほらと…。
本当にどなたか一緒に…。設計をやってみたいんだという若人よー!おらんかねー!

余談ですが、『李さん、いつも真夜中まで仕事していて、めっちゃブラックですやん(何県人だ?!)』って最近よく言われますが、私は自身が立ち上げた事務所なので、仕事を進めるためには当然のことです。
これはスタッフがいてもいなくても、私自身がやらなければいけない時はやるのです。
それをスタッフに強要することはないので、スタッフにしてもアルバイトにしても、時間の範囲で頑張ってもらいたいと考えていますよ。
ということで…誰かおらんかねー!

さ、進行中の現場写真をUPしまーす。

東海村
c0167004_167954.jpg

c0167004_1673360.jpg

日立
c0167004_16171050.jpg
c0167004_16183988.jpg

大洗
c0167004_16263049.jpg
c0167004_16272045.jpg

[PR]
アーキ・アライブ一級建築士事務所の李です。

現在継続的に業務が重なっており(主に住宅の設計・監理)、プラン図作成や模型作成等をお願いできるアルバイトの方を募集します。
また同時に、プラン図・模型作成はもちろん、設計・監理を一緒にやってみたいというスタッフも募集します。

勝手な希望ですが、
アルバイトは、設計事務所の仕事に興味があるという方
(学生の方でも歓迎)
スタッフは、先々自身で設計をやっていくんだという気構えのある方
だと嬉しいですね。

アルバイトに関しては2人募集です。
ご興味のある方は、気がねなく下記連絡先(メール)までご連絡ください。
まずは面接させていただいて、時間や報酬など、それぞれ面談の上で取り決めしましょう。
それでは宜しくお願い致します。

アーキ・アライブ一級建築士事務所
茨城県水戸市白梅4-1-16-102
E-mail  lee@archi-alive.com
李(リ)まで
[PR]
こんなにブログ投稿に間が空いて、アーキ・アライブさんは仕事をしているんでしょうか?!
しておりますとも!おかげさまで忙しくさせてもらっています(^^)
ちょこちょこ覗いていただいている方には、こんなに間が空いてスミマセン。

東海村・ひたちなかの現場は内装工事に突入。
日立と大洗は2月に着工し基礎まで完成しています。
現在プレカット(柱・梁・その他構造材の加工)の最終チェックを終え24日の上棟に向けて進んでおります。
この2つの住宅、事務所開設以来初の、同日上棟予定!!
施工はどちらも(株)いえつなぎさんです。

日立の住宅は“いえつなぎさん”からプランと設計監理のお話をいただいたお仕事。
大洗の住宅は直接設計監理のご依頼を頂き、施工をいえつなぎさんにお願いすることになったお仕事です。

いえつなぎさんは設計事務所と造る家づくりをコンセプトにしているため (いえつなぎさんは建築家と楽しむ~と謳ってます) よくお声かけいただいて有難い限りです。
いえつなぎさんからお話しいただくお仕事も、毎回結構なプレッシャーがかかります。(^^;)
お施主様から直接ご要望をお聞きして、数週間後にプランを提示させていただきますが、そのプランを気に入ってもらえなければ話が立ち消えになってしまうことがあるかも!そうすると当然いえつなぎさんにも申し訳ないし・・・。
幸い今まではプランを気に入っていただいて着工できているので、今のところホッとしています。

大洗のように設計監理を直接ご用命いただくのが一般的ですが、いえつなぎさんをはじめ、工務店さんからお話しいただくお仕事も、流れからして利点がいっぱいありますね。

アプローチは違くとも、設計監理をさせていただく限り、全力で挑むのみです!


東海とひたちなかは来月,日立と大洗は夏の竣工に向けて、日々爆走中です。

東海の住宅は下の写真にもあるように、外観はほぼ真っ黒。
日立の住宅も予定ではほぼ真っ黒。
今設計中の水戸の住宅も、今のところ黒のご希望です。

黒と言っても、ガルバリウム鋼板や吹付仕上げなど表情は様々。
さらに黒系でも微妙な色合いが多数あって、茶色見おびたものや青黒く染まったもの、濃いグレーで日中はガンメタに見えるもの、文字通りとにかく真っ黒なもの。
東海の住宅の外壁も、素材はガルバリウムと窯業系と張り分けてはいるものの、真っ黒かと言われればそうではないです。
お施主様と何度もサンプルとにらめっこしたり、街に建ち並ぶ外壁を眺めに行ったり、かなりの時間をかけて決定した外壁なので気に入っています。
完成まで楽しみにしていてくださいね。

それでは、現在進行中の写真をいくつかUPして、久々のブログを終了~

東海の現場
c0167004_035819.jpg
c0167004_035455.jpg
c0167004_036086.jpg


日立の現場
c0167004_0365521.jpg
c0167004_037961.jpg


大洗の現場
c0167004_0384477.jpg
c0167004_039826.jpg

[PR]
# by archi-alive | 2016-03-09 00:43 | 住宅 | Trackback
今年も残り数日となりましたね。
当事務所の年末年始の休暇日程をお伝えします。

2015年12月31日~2016年1月5日

本年中は大変お世話になりました。
心から感謝申し上げます。

皆さま、お身体をご自愛いただき、良い新年をお迎えください。
2016年も宜しくお願い致します。

アーキ・アライブ  李 相鉄
[PR]
気が付けば12月も半ば。
早いですね。

ブログ更新もなかなかできないまま、いつの間にか師走に突入してしまいました。
それでも、今年竣工した住宅は5棟,現在進行中の現場も3棟と、怒涛の波に呑まれながら仕事をさせてもらっています。

今進んでいる現場の一つに東海村の住宅があります。
この住宅は昨年の夏の終わりから設計が始まり、約一年の時を経て、二か月前から工事がスタートした現場です。
最近は、この現場の大工さんと打合せするのがとても楽しいです。
個人的には建築家という呼び名があまり好きではありませんが、この現場の大工さんは建築家と呼ぶにふさわしいと感じています。
いろんな設計者の建築を観て、全体から細かい納まり・施工性や耐久性,使い勝手も含めて良いところ・悪いところを感じ取り、自身の仕事につなげている人。

基本的には設計事務所が進めてきた設計に沿って工事を進めるという大前提はあるものの、施工性や現場で起こるいろいろな問題、また最終的にどう見せたいかなど、大工さんと深い話ができればできるだけ、間違いなく良い建築物が出来上がると思います。
何というか…熱くさせてくれますね!

来春の完成まで、しっかり楽しみながら進めていきます(^^)
c0167004_2213835.jpg

c0167004_237037.jpg

[PR]