<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

震災から10日以上経ちましたね。
避難されている方がまだまだ多い地域、未だ断水や停電している地域、
徐々に生活が戻りつつある地域と、被害の大きさによって復興に時間差が
生じてきていますが、間違いないのは、どの地域も必死の支援活動が
行われていると言うことでしょうね。

それぞれの被災現場で尽力を注いでいる方、街頭で募金活動している方、
各地・各国から物資を提供してくれる方等、形は違くとも、こんなに支援の和が
広がっていくのを見ると、改めて人の力の凄さと暖かさを感じます。

建築士である私にできることは、やはり被災した建物をみて、そこにお住まいになる
又はお使いになる方々への、ささやかばかりの安心と、正確な知識をお伝えして
一人一人の復興のお手伝いをすることだろうと考えています。
今は仕事の合間に、お問合せ頂いた方など何件かの被害にあった住宅を
見て回ったりしながら、現状で大丈夫かどうか、また、応急処置の方法があるかなど、アドバイスさせて頂いてます。
不安に感じていらっしゃる方がおられましたら、どうぞお問合せ下さい。
地震に見舞われた建物の状況を、専門用語抜きにして、ご説明できたらと
考えています。

また、私が所属する茨城県建築士会の県央支部でも、4月16日まで、
水戸市民会館で住宅相談を実施しております。
私も毎日ではありませんが、相談員メンバーで参加しております。

同じ県央支部青年部のメンバーへ。
修復作業に駆け回っている皆さん、お疲れ様です。
もし時間が半日でも取れるようになったら、一緒に住宅相談の対応をお願いします。
その時は僕の方でも事務局でもご連絡下さい。

また建物の損傷が大きいと思われる方は、ぜひ市役所(機能は市民会館に移っています)に『り災証明』の申請を行って下さい。

少しずつでも、力を合わせて復興して行きましょう。
[PR]
私の居る水戸市を初め、被災した地域のいたる所で、破損した瓦屋根等の応急処置や修復作業が行われています。
屋根工事業者の方や大工さんにお願いされている方が多くいらっしゃると思いますが、ご自信やご家族の方が屋根に上っていらっしゃる方も多くいらっしゃいます。
その際は、屋根瓦全体が緩んでいる場合や、下地が破損している場合も考えられますので、くれぐれもお気を付けて作業を行ってください。
余震も続いております。落下等でお怪我をされては、元もこうもありません。
また、建築関係業者さんにお心当たりがありませんという方は、私の方へお問合せ頂いても構いません。
今は皆、手が一杯での対応を続けている為、2・3日など早急な対応は難しいかもしれませんが、1週間程で対応して頂ける業者の方はいらっしゃると思います。

原発をはじめ、情報が色々ありすぎて、どの情報が正しいかを見極めるのは難しいですが、今はとにかく、落着いて一建築士として今出来ることを行いたいと思います。

皆頑張っているので、今更頑張りましょうとは言えません。
みんな体に気をつけて!
[PR]
久しぶりのブログとしては、あまりにも悲しい書込みです。

今はちょうど、震災からまる二日と半日経った頃です。
報道で映し出される映像の全てが、悲しく衝撃的過ぎて言葉になりません。

水戸市の私も、6強というものを初めて体感し、地震直後は足の震えが止まりませんでした。
今は電気も水道も復旧して、散乱した家と事務所を片付けているところです。

お亡くなりになられた方々へ、謹んでご冥福をお祈りいたします。
また、避難されている方々と、安否確認が取れていない方々へ、
とにかく無事でありますようにと祈るばかりです。
[PR]