東海村の現場

気が付けば12月も半ば。
早いですね。

ブログ更新もなかなかできないまま、いつの間にか師走に突入してしまいました。
それでも、今年竣工した住宅は5棟,現在進行中の現場も3棟と、怒涛の波に呑まれながら仕事をさせてもらっています。

今進んでいる現場の一つに東海村の住宅があります。
この住宅は昨年の夏の終わりから設計が始まり、約一年の時を経て、二か月前から工事がスタートした現場です。
最近は、この現場の大工さんと打合せするのがとても楽しいです。
個人的には建築家という呼び名があまり好きではありませんが、この現場の大工さんは建築家と呼ぶにふさわしいと感じています。
いろんな設計者の建築を観て、全体から細かい納まり・施工性や耐久性,使い勝手も含めて良いところ・悪いところを感じ取り、自身の仕事につなげている人。

基本的には設計事務所が進めてきた設計に沿って工事を進めるという大前提はあるものの、施工性や現場で起こるいろいろな問題、また最終的にどう見せたいかなど、大工さんと深い話ができればできるだけ、間違いなく良い建築物が出来上がると思います。
何というか…熱くさせてくれますね!

来春の完成まで、しっかり楽しみながら進めていきます(^^)
c0167004_2213835.jpg

c0167004_237037.jpg

[PR]
by archi-alive | 2015-12-14 02:37 | 進行中物件 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://archialive.exblog.jp/tb/25056329
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。